【徹底解説】欧州スーパーリーグとは?サッカー界に与える影響が気になる⁉

欧州スーパーリーグ 構想  とはサッカー解説
この記事は約13分で読めます。

欧州サッカー界が

揺れています。

 

FIFAも巻き込み、

欧州だけでなく

世界中を揺らしていますね。

 

 

その理由は欧州のビッグクラブが

立ち上げた「欧州スーパーリーグ構想」

によるものでしょう。

 

それは各方面から様々な

反響を呼び、賛否両論が

飛びかう事態になっています。

 

気になるのは

この欧州スーパーリーグが

既存のサッカー界やリーグへ

与える影響でしょう。

 

本記事でわかること・・・

・欧州スーパーリーグとは何なのか?

・欧州スーパーリーグとチャンピオンズリーグとの違い

・欧州スーパーリーグに参加するクラブと拒否したクラブについて

・欧州スーパーリーグがサッカー界に与える影響について

以上について徹底解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

そもそも欧州スーパーリーグとは?創設の理由は・・・

 

欧州スーパーリーグとは、

欧州サッカーのビッグクラブが集い

リーグ戦を行うものです。

 

この欧州スーパーリーグを

主導するのはレアルマドリード。

 

これまで12のクラブが参加を表明

しています。

 

レアルマドリード会長で

初代ESL(欧州スーパーリーグ)会長

のフロレンティノ・ペレス氏は

欧州スーパーリーグ創設の

理由について以下のように語っています。

「サッカーは変化し続け、時代に適応していく必要がある。サッカーは興味を失われ始めている。どうにかしなければならない」と話し、「サッカーは唯一無二のグローバル競技である。テレビは時代に適応して変化しなければならない。われわれは、なぜ16歳から24歳の若者たちが、もはやサッカーに興味をなくしているのか考える必要がある」と続けた。

その上で「試合のクオリティーが落ちていることに加え、他に楽しめるプラットフォームがある。サッカーは変化が必要だ」との認識を示し、「欧州の一部クラブが求めているのは、どうにかしてこの競技をもっとワールドワイドな魅力があるものにすることだ」と強調した。

引用元:ライブドアニュース

 

つまり若者への人気が低下している

サッカー界を復権させる目的で

欧州スーパーリーグを創設する

ということでしょう。

 

欧州スーパーリーグの

開催時期は今のところ未定ですが

2024年を目指しすすめている模様。

 

 

 

スポンサーリンク

欧州スーパーリーグと欧州チャンピオンズリーグの違いは?

 

下を読みすすめる前に

こちらの記事をチェックすると、

もっと詳しく理解できます。

>>サッカーの【UEFAチャンピオンズリーグ】ってどんな大会なの?

 

 

欧州チャンピオンズリーグとの違いは

その対戦形式にある。

 

欧州チャンピオンズリーグの

参加クラブ数は32

 

A~Hの8グループに分け

ホーム&アウエーで予選を戦う。

 

予選を通過したクラブで

決勝トーナメントを行い

優勝を決める方式だ。

 

 

いっぽう欧州スーパーリーグの

参加クラブ数は20

単なる大会ではなく、

リーグ戦形式で対戦していく。

 

20クラブを2グループに分け

ホーム&アウエーで

ミッドウィークにリーグ戦を行う。

 

もちろん通常の各国リーグ戦も

戦うので試合数が極端に

増えることになるでしょう。

 

リーグ戦の各グループ上位3クラブは

自動的に決勝トーナメント進出

 

グループの4,5位はプレーオフで

1チームづつ決勝トーナメント

進出することになります。

 

決勝トーナメントでは合計8クラブが

2試合対戦し、決勝戦のみ

中立地での一発勝負を行う予定です。

 

 

 

スポンサーリンク

欧州スーパーリーグに参加するビッククラブとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Real Madrid C.F.(@realmadrid)がシェアした投稿

 

 

これまで欧州スーパーリーグに

参加を表明したビッグクラブは12。

 

スペインは3クラブ。

アトレティコマドリード、

バルセロナ、

レアルマドリード、

 

イングランドは6クラブ。

マンチェスターシティ、

マンチェスターユナイテッド、

アーセナル、チェルシー、

リバプール、トットナム

 

イタリアから3クラブ。

インテル、ミラン、ユベントス

 

現時点で合計12のビッグクラブが参加を表明している。

 

 

今後3クラブが追加されるほか、

さらに前シーズンの成績に応じて

予選を行い5クラブが参加すると

言います。

 

実質、欧州スーパーリーグは

合計20クラブが参加する

欧州サッカー最高峰を決める大会

になる予定です。

 

 

 

スポンサーリンク

欧州スーパーリーグの参加を拒否したクラブは?

 

欧州スーパーリーグに

参加へ打診があったものの

拒否したクラブもあります。

 

それは・・・

ドイツの2クラブ、

バイエルンミュンヘン、ドルトムント

 

フランスは1クラブ、

パリサンジェルマン

 

以上の3クラブは正式に

欧州スーパーリーグへの

参加拒否を表明しています。

 

 

 

スポンサーリンク

欧州スーパーリーグがサッカー界に与える影響は?

 

欧州スーパーリーグが

「サッカー界に与える影響は、

どんなものが考えられるでしょうか?」

考えてみましょう・・・

 

それは・・・

試合数が増えることで

選手やクラブへの負担が増える

ことが懸念されます。

 

 

欧州スーパーリーグの試合数は

1クラブにつき少なくても

年間18試合

 

決勝トーナメントに進出すれば

さらに増えることになります。

 

決勝戦まで勝ちあがった場合

その試合数は23試合※になる予定だ。

(※確定数ではありませんのでご了承ください)

 

 

現時点で欧州サッカー界では

毎年、以下の試合を行っています。

 

それは・・・

各国リーグ戦、

UEFAチャンピオンズリーグ、

UEFAヨーロッパリーグ、

FIFAクラブワールドカップ

国内カップ戦、ユーロ

 

各国の代表選手では

FIFAワールドカップ本大会、

予選など・・・

 

すべての試合数を考えると

年間試合数は

数えきれない数字になるでしょう。

 

 

 

UEFA、FIFAがスーパーリーグに反対!その影響は?

 

欧州スーパーリーグに対し、

UEFA(欧州サッカー連盟)が猛烈に

反対を表明しています。

 

それもそのはずでしょう。

欧州チャンピオンズリーグを

主催するのはUEFA。

 

 

それにとって代わる

可能性を秘めたESL。

 

ESL(欧州スーパーリーグ)と

UEFA(欧州サッカー連盟)は

現段階において

まさにプラスとマイナスの

関係なのでしょう。

 

 

そしてUEFA(欧州サッカー連盟)は

スーパーリーグを開催した場合

きびしい処罰をすると表明しました。

 

それは・・・

参加するクラブの選手を

各国代表への招集できないようにする

 

UEFAが開催する大会(CL、EL)

への参加資格は無し

 

 

つまり欧州スーパーリーグに参加すれば

「代表にも選ばれない」

「チャンピオンズリーグにも出れない」

ってことですね。

 

 

サッカーファンにとっては

「えっ、マジかっ⁉」・・・

 

なんとも言えない

複雑な心境ですねっ。

 

 

スポンサーリンク

欧州スーパーリーグに様々な意見が飛び交う

 

 

 

 

 

 

欧州スーパーリーグに対し

様々な意見が飛び交っています。

 

選手やクラブ、

そして一国の首相まで

声明を発表しているのです。

 

スーパーリーグに賛成、反対

それぞれのコメントが続々と

発表され続けています。

 

 

そして時を同じくして

欧州スーパーリーグに

参加予定のトットナムホットスパー

モウリーニョ監督の電撃解任という

ニュースも入ってきました。

 

欧州サッカー界は

とても慌ただしい状況が

続いています。

 

 

スポンサーリンク

最新の状況は?

各方面からの反対を受け

次々と参加クラブが

スーパーリーグから撤退しています。

 

プレミアの6クラブ

マンチェスターシティ

マンチェスターユナイテッド

リバプール、アーセナル

トットナムホットスパー、チェルシー

 

 

イタリアセリエAの3クラブ

インテル、ACミラン、ユベントス

 

ラリーガ1クラブ

アトレティコマドリード

が4月21日時点でスーパーリーグから

撤退を表明しました。

 

 

残るクラブはこの構想を主導した

レアルマドリードとバルセロナ2クラブのみ

という状況に陥っています。

 

 

さすがに2クラブでは

リーグ戦を行うことはできませんね。

 

これによりレアルマドリード会長は

スーパーリーグ構想を一旦白紙にして

あらたに練り直すとも・・・

言われていますね。

 

スポンサーリンク

【徹底解説】欧州スーパーリーグとは?サッカー界に与える影響が気になる⁉ まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Real Madrid C.F.(@realmadrid)がシェアした投稿

一面雪におおわれた

サッカースタジアムです。

きれいですね。

 

いっぽう欧州スーパーリーグ論争は

しばらく続きそうな様相ですね。

 

サッカー関係者や選手、

サポーターだけでなく

政治家まで絡む大問題に

発展していますね。

 

欧州スーパーリーグが

開催されるか否か気になります。

 

結果的にどうなるか

分かりませんが

 

サッカーファンは・・・

「魅力的なサッカーが見れること」

一番に望んでいます

 

それと同時に

「ピッチ上の選手が歓喜して

プレーできること」が一番でしょう。

 

これが最終的な結論なんじゃ

ないでしょうか。

 

いずれにしてもサッカー界に

変化が必要な時代

なのかもしれませんね。

 

 

刻一刻と変わる現代社会。

20ー21年は

とくに変化せざるを得ない

状況でした。

 

 

「どんな時代でもサッカーに夢をいだき、希望を見出せる。」

「サッカーは暗闇を照らす光になる。」

引用元:http://senpowalker.com

 

👆引用元はボクのブログです。

名言っぽいこと入れちゃいました・・・(笑)

 

 

そんなサッカー界であることを

期待しましょう。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

★こちらの記事もよく読まれています。

サッカーの【UEFAチャンピオンズリーグ】ってどんな大会なの?

 

コメント