高校サッカー選手権|歴代埼玉県代表校一覧!もっとも強い高校は?

この記事は約8分で読めます。

高校サッカー選手権の強豪と言えば埼玉県代表の高校です。その中でももっとも強い高校は、昌平高校です。昌平高校は2021年、Jリーグ内定選手が4選手!第99回選手権の優勝候補に挙げられています。

昌平高校は今回で4回目の選手権出場になります。最高位のベスト16を突破して、初優勝に期待が集まっています!

ということで、今回は高校サッカー歴代の埼玉県代表にクローズアップしてみます。本記事では歴代の埼玉県代表高校を一覧でまとめました。

 

<▼本記事でわかること>

・99回大会(2020)の代表校
・歴代の埼玉県代表になった高校一覧
・歴代|埼玉県の代表になった回数まとめ
・歴代|埼玉県代表の全国での成績まとめ

第99回大会(2020)の代表校は昌平高校!

昌平

引用元:日本サッカー協会公式HP

第99回大会の埼玉県代表は過去優勝回数4回を誇る市立浦和高校です。しかし近年は昌平高校が最強です。正智深谷高校も埼玉県の実力校になっています。

 

かつてはサッカー大国として有名だった埼玉県ですが、60回(1981年)武南高校の優勝以来、全国優勝から遠ざかっています。今回の第99回大会は「プロ内定者4名を擁する昌平高校が初優勝するのでは?」と注目が集まっています。

 

<99回選手権1回戦>
【▼昌平(埼玉)×高川学園(山口)の土壇場同点ゴール

 

歴代|埼玉県の代表になった回数まとめ

埼玉県の代表になった高校は過去に14校です。

埼玉県でもっとも強い高校は市立浦和高校、武南高校ですね。選手権14回出場で並んでいます。

・市立浦和 14回
・武南   14回
・浦和南  12回
・埼玉師範 7回
・浦和高校 6回
・大宮東  5回
・浦和東  5回
・浦和西高 4回
・昌平高校 4回
・西武台  3回
・正智深谷 3回
・川口工  1回
・川口   1回
・児玉   1回

 

高校サッカー選手権|歴代埼玉県代表校一覧!

大会回数西暦埼玉県代表校
99回2020年昌平
98回2019年昌平
97回2018年浦和南
96回2017年昌平
95回2016年正智深谷
94回2015年正智深谷
93回2014年昌平
92回2013年市立浦和
91回2012年正智深谷
90回2011年浦和東
89回2010年西武台
88回2009年西武台
87回2008年市立浦和
86回2007年埼玉栄
85回2006年武南
84回2005年浦和東
83回2004年西武台
82回2003年武南
81回2002年武南
80回2001年浦和南
79回2000年武南
78回1999年武南
77回1998年浦和東
76回1997年浦和東
75回1996年市立浦和
74回1995年浦和東
73回1994年大宮東
72回1993年武南
71回1992年武南
70回1991年武南
69回1990年武南・大宮東
68回1989年武南
67回1988年武南
66回1987年大宮東
65回1986年大宮東
64回1985年大宮東
63回1984年武南
62回1983年市立浦和
61回1982年浦和南
60回1981年武南
59回1980年浦和南
58回1979年武南
57回1978年浦和南
56回1977年浦和南
55回1976年浦和南
54回1975年浦和南
53回1974年児玉
52回1973年浦和西
51回1972年市立浦和
50回1971年市立浦和
49回1970年浦和南
48回1969年浦和南
47回1968年県立川口
46回1967年浦和南・市立浦和
45回1966年浦和南・市立浦和
44回1965年川口工
43回1964年市立浦和
42回1963年市立浦和
41回1962年市立浦和
40回1961年市立浦和
39回1960年市立浦和
38回1959年浦和
37回1958年浦和西
36回1957年浦和西
35回1956年浦和
34回1955年浦和
33回1954年
32回1953年浦和西
31回1952年浦和市立・浦和西
30回1951年浦和
29回1950年春日部
28回1949年春日部
27回1948年浦和
22回1940年浦和中
21回1939年埼玉師範
20回1938年埼玉師範
19回1937年埼玉師範
18回1936年埼玉師範
16回1933年埼玉師範
15回1932年埼玉師範
14回1931年埼玉師範

※埼玉県は14回大会から高校サッカー選手権大会に出場しています。
※代表の高校が2校ある場合は、サッカー協会の推薦により予選免除で選手権に出場しています。

 

埼玉県が初参加した第14回~99回までの歴代代表回数は全部で81回あります。歴代の埼玉県代表校は「市立浦和」「武南」が14回でトップです。

最近10年の代表校をみると、昌平もしくは正智深谷のどちらが優勝しています。

歴代|埼玉県代表の全国での成績まとめ

埼玉県代表校の全国高校サッカー選手権大会での成績は以下のとおりです。

市立浦和が優勝4回、準優勝1回、ベスト4を1回の成績を残しています。

 

全国優勝13回は、48都道府県の中でかなり多い回数です。今までの選手権98回のうち13回の優勝なので、優勝確率13%です。つまり埼玉県代表は10回に1回は優勝している計算になります。

 

▼優勝回数: 13回

市立浦和:4回(1959、1960、1964、1972)
浦和南: 3回(1969、1975、1976)
浦和:  3回(1951、1954、1955)
武南:  1回(1981)
浦和西: 1回(1956)
埼玉師範:1回(1937)

 

▼準優勝回数: 2回

市立浦和:1回(1962)
武南:  1回(1989)

 

▼ベスト4回数: 7回

武南:  3回(1984、1990、1992)
市立浦和:1回(1963)
浦和西: 1回(1957)
埼玉師範:1回(1936)
浦和南: 1回(1977)

 

※注目の正智深谷昌平高校の最高位はベスト16です!

高校サッカー選手権|埼玉県代表歴代校一覧!もっとも強い高校は? まとめ

・第99回大会(2020)の代表校・・・昌平高校
・歴代の埼玉県代表になった高校一覧・・・埼玉県の代表になった高校は全部で14校
・埼玉県の代表になった回数まとめ・・・市立浦和、武南が14回で最多
・埼玉県代表の全国での成績まとめ・・・市立浦和が優勝4回でトップ
・最近10年の代表校は昌平4回、正智深谷が3回で実力をつけている。

埼玉県でもっとも強い高校は市立浦和高校でした。そして最近は昌平高校が最強を誇っています!

 

第99回全国高校サッカー選手権大会がいよいよ開幕しました。PK戦で初戦を突破した昌平高校!初優勝に向けて熱い気持ちで勝利しました。

 

激戦区埼玉を制した昌平高校が初優勝をかけて戦います。2回戦も楽しみですね!

 

 


高校サッカー 名鑑 (エル・ゴラッソ 特別編集)

コメント