ニューカッスル構想外!?武藤嘉紀の移籍先候補はあの4クラブだ!

サッカー
この記事は約6分で読めます。

9月12日、ニューカッスルに所属する武藤嘉紀の構想外であることが
報じられた。

プレミアリーグの開幕日は本日。武藤嘉紀の去就が気になるところだ。

現在所属するニューカッスルでは構想外になったため、出場機会を求めて移籍するほか選択肢はない。

はたして早い段階で移籍し2020~2021シーズンの活躍は見られるのだろうか?

 

移籍先候補はドイツ(ブンデスリーガ)のクラブにしぼられた!

この投稿をInstagramで見る

武藤嘉紀/Yoshinori Muto(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿

 

 

★現在武藤嘉紀の獲得に名前が挙がっている4クラブ★

・マインツ・・・昨年13位

・ケルン・・・昨年14位

・アウグスブルク・・・昨年15位

・ビーレフェルト・・・昨年2部リーグ1位で昇格

 

 

それぞれのクラブの特徴について調べてみよう。

 

 

 

かつては岡崎慎司も所属していたマインツ

・2001~2008 名将ユルゲン・クロップ(現リバプール)が監督をしていた。
クロップは2001年までマインツに選手として在籍している。

・2013~2015  岡崎慎司も所属していた。

・2015~2018 武藤嘉紀がニューカッスルに移籍する前に所属していたクラブ。

 

・2009~2020 ブンデスリーガ1部にずっといて、2部には降格していない。          過去最高位は2015~2016の6位。

この投稿をInstagramで見る

武藤嘉紀/Yoshinori Muto(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿


★マインツ時代の躍動していた武藤選手!!!★

 

 

 

日本人ブンデスリーガ第1号の 奥寺康彦も所属したケルン!

・日本人ブンデスリーガ第一号の奥寺康彦がいたクラブ。

・過去2回(1963、1977)のブンデスリーガ優勝経験をもつ古豪。

・ここ10年の成績は1部と2部を行ったり来たりしている。
2016~2017の5位が最高位。

 

・過去には槙野智章、大迫勇也も所属していた

この投稿をInstagramで見る

Yuya Osako/大迫勇也(@yuya_osako)がシェアした投稿


★現在同じくブンデスリーガ・ブレーメンで活躍する大迫選手★

 

 

 

1部昇格後は降格ゼロのアウグスブルク!

・3部リーグから這い上がってきた実力派のクラブ。

・2011年に1部昇格後、1度も降格していない。

 

・最高順位は2014年=2015年の5位。その他シーズンは12位~15位が多い。

 

・過去に日本人選手の細貝萌(2011~2012)、宇佐美貴史(2016~2019)が所属したクラブ。

 

 

 

昨シーズン2部で優勝のビーレフェルト!

・堂安律が先日移籍したばかりのクラブ。

 

・昨年ブンデスリーガ2部で優勝し、昇格したばかりのクラブ。

 

・ここ10年の成績は3部、2部、1部へと徐々に実力をつけてきた。

 

 

・かつて日本人2人目のブンデスリーガ尾崎加寿夫、またドーハの悲劇世代には有名なイラン代表アリ・ダエイも所属していた。

この投稿をInstagramで見る

堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿


自身のインスタグラムでビーレフェルト移籍を発表した堂安選手!

 

・過去の海外日本人選手の活躍については海外ヨーロッパサッカーの扉を開いた日本人!レジェンドたちの歴史を追うで解説してます。

 

 

ブンデスリーガ2020~2021の豆知識!

2020~2021年クラブ名一覧

 

昨年
順位
クラブ名備考
バイエルンミュンヘン4位以内はチャンピオンズリーグ出場権獲得
ドルトムント
ライプツィヒ
ボルシアMG
レバークーゼン5,6位はヨーロッパリーグ出場権獲得
フォッヘンハイム
ヴォルフスブルク
フライブルク
フランクフルト
10ヘルタベルリン
11ウニオンベルリン
12シャルケ
13マインツ武藤嘉紀が移籍の可能性
14ケルン武藤嘉紀が移籍の可能性
15アウグスブルク武藤嘉紀が移籍の可能性
16ブレーメン2部降格プレーオフ
17ビーレフェルト武藤嘉紀が移籍の可能性
下位の2クラブは2部へ降格
18シュトゥットガルト

※順位は昨年のものです。
※備考欄は今シーズンも順位で決定します。
※上の表のチャンピオンズリーグについては
サッカーの【UEFAチャンピオンズリーグ】ってどんな大会なの?で解説してます

 

 

ニューカッスル構想外!?武藤嘉紀の移籍先候補はあの4クラブだ!まとめ

武藤嘉紀の移籍先4クラブ情報をお伝えした今記事。ブンデスリーガにしぼられたようだ。武藤選手も早く移籍して1試合でも多く出場機会が欲しいところだろう。

・マインツ、ケルン、アウグスブルク、ビーレフェルトの4クラブなら武藤嘉紀が活躍できる可能性は十分ある。

 

サッカーの世界は結果がすべて、分かりやす過ぎってくらい分かりやすい。
試合でゴールを挙げれば選手を持ち上げ、翌日のスポーツ紙の一面をドカンと飾る。
逆に活躍しなければそれもまた分かりやすいのだ。
活躍するのは難しいし、活躍し続けるのはもっと難しい。

 

 

武藤嘉紀の次なるチャレンジの舞台を楽しみにしている。日本代表での活躍も期待している。それにはやはり「選手はクラブで埋もれていちゃもったいない。試合に出場してなんぼだ!」とあるサッカー解説者も言っている。

 

いち早く移籍して、ブンデスリーガで武藤嘉紀を見たい。
ブンデスリーガ開幕はあと6日!!!9月18日にせまっている!

 

武藤嘉紀選手の移籍情報はついに移籍決定!武藤嘉紀が乾貴士所属のエイバルへ!をご覧ください。

 

DAZNでラリーガを視聴する

 

 

コメント