久保建英、冬の移籍市場で移籍か?今季リーグ戦での出場時間の合計から分析してみた

リーガエスパニョーラ
この記事は約7分で読めます。

「久保建英の移籍が噂されているのはなぜか?その数字的根拠はないものか?」と思って本記事を書くことにしました。ボクはこのブログを8月から書きながら、久保建英を含む日本人選手の記録を付けてきました。その記録に基づき数字的根拠を出して、久保建英が冬の移籍市場で移籍する可能性を検証してみることにしました。

久保建英が冬の移籍市場で移籍が噂される根拠は試合の出場時間

↑↑↑↑
上の写真は8月12日、移籍後の久保建英選手

 

✅1節 出場時間 13分

1節
1-1
ウエスカ77分IN △ビジャレアルリーグ戦
デビュー 

岡崎慎司選手との日本人対決が話題になった第1節のウエスカ戦は13分間のプレーだった。

 

 

✅2節 出場時間 5分

2節
2-1
エイバル85分IN 〇出場時間が少ない

第1節に続き乾選手選手との日本人対決になったエイバル戦のプレーはわずか5分となった。

 

✅3節 出場時間 16分

3節
0-4
バルセロナ74分IN✖ 攻撃に変化もたらす 

メッシ擁する強豪バルセロナとの一戦はプレー時間13分。途中交代した久保建英は攻撃にアクセントをもたらした。

 

 

✅4節 出場時間 15分

4節
3ー1
アラベス75分IN〇 惜しいシュート1本 

第4節アラベス戦も後半30分から途中出場。プレー時間は15分間。惜しいシュートも魅せた。

 

✅5節 出場時間 5分

5節
0-0
アトレチコ・マドリード85分IN△ キープミス目立つ 

第5節は強豪アトレティコマドリードとの一戦。後半40分に出場した久保はこの日、明らかに焦っていた。わずか5分の間にアピールしなければならないプレッシャーのせいかミスが目立った。

 

✅6節 出場時間 26分

6節
2-1
バレンシア64IN警告2枚で退場/その後取り消し
ELで1得点2アシスト

第6節バレンシア戦に後半途中19分出場した久保はアディショナルタイムに2枚目の警告を受け退場。試合後クラブがスペインサッカー連盟に撤回を求め、承認されることになった。そのため次節の試合は出場可能になった。

 

 

✅7節 出場時間 62分 リーグ戦初の先発入り

7節
0-0
カディス 62OUT△  

第7節のカディス戦で今季初の先発スタメン入りを果たした。62分間のプレーとなった。

 

 

✅8節 出場時間 26分

8節
2-0
レアル
バリャドリード
64IN 〇 リーグ
暫定3位 

第8節レアルバリャドリードとの一戦は再びベンチスタートに。プレー時間は26分。

 

 

 

✅9節 出場時間 24分

9節
3-1
ヘタフェ86IN暫定1位

第9節ヘタフェ戦のプレー時間は24分。クラブは好調を維持し暫定1位にたった。

 

 

 

✅10節 出場時間 1分

10節
1-1
レアルマドリード89IN 

所有元レアルマドリードとの第10節はプレー時間1分。1分で結果を出すのは、さすがの久保建英でも難しい。

 

久保建英/リーグ戦10節までの出場時間は何分か?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Villarreal CF(@villarrealcf)がシェアした投稿

久保建英のリーグ戦10節までの出場時間は合計193分1試合平均19分のプレー時間だと判明した。いくらスキルをもった久保建英といえどもわずか19分の中でアシストやゴールといった結果を出すのは非常に難しい。

 

こういった事実から「冬の移籍市場で再び移籍するのではないか」と憶測されているのだ。久保建英は所有元のレアルマドリードに戻ることを目指している。そのためにはこの1年で成長し目に見える結果を出す必要があるのだ。

 

 

そのためにマジョルカからビジャレアルへ移籍してきたはずである。出場時間の少なさは久保のプレーの質にも影響を与えている。マジョルカ時代より確実にボールロストが増え、パスミスも目立つ。レギュラーポジション獲得のためにリスクを負ってプレーする必要性も出てくるし、焦りも当然あるだろう。

 

 

本当に久保建英は冬の移籍市場で移籍するのだろうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Villarreal CF(@villarrealcf)がシェアした投稿

一番気になるには、久保建英本人はどう感じているのかということだ。久保建英のコメントやインタビューを聞くと至って落ち着いているのが分かる。周りの声が入ってこないわけではないだろう。しかし19歳の久保建英はいつも冷静なのである。プレー中もそうだ。パサーである久保はいつも周囲を冷静に見まわしている。そして一番ベストな出しどころを選択する

 

 

今の現状に満足してるとは思わない。しかし、虎視眈々と自身の課題や目標を冷静に分析し、クリアするための練習と努力をしているだろう。ボクの個人的な意見では冬の移籍市場で移籍することはないと思っている。

 

 

8月に移籍してから4か月しか経っていない。ビジャレアルは10節終了時点で3位の好位置にいる。ということは欧州最高のリーグで、3位のクラブで日々揉まれている。現時点では所有元の王者レアル・マドリードより一つ上の順位にいるのだ。この環境は久保建英を成長させるものだと思う。

 

「選手を成長させるのは試合だけではない。」むしろ試合よりも多くの時間を練習に費やす。チームメイトは各国のエースやトップレベルの選手たちだ。彼らから久保自身が吸収することはたくさんあるだろうし、逆もまたしかりだ。

 

 

「試合に出ないと試合勘が・・・」とか言われるが、本人が一番よく理解しているはずだ。今いるビジャレアルで吸収することがあると感じているうちは移籍する可能性は極めて低いはずだ。

 

 

ELが始まって久保建英の出場時間はどうなる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Villarreal CF(@villarrealcf)がシェアした投稿

出場時間に関してはELも始まっている。リーグ戦とヨーロッパリーグを戦い切るには11名だけでは厳しい。ベンチ入りの選手も含めて総力戦で戦わないと勝ちきれなくなってくる。選手層の厚いビジャレアルだが、必ず久保建英の出場時間は増えてくる。自身もそう感じているし、エメリ監督とも言葉を交わしながらすすんでいるはずだ。

 

10月22日にEL(ヨーロッパリーグ)1回戦が始まった。現在まで4試合が終わったが久保建英は2試合にフル出場残りの2試合もスタメン出場をしている。事実久保建英はEL(ヨーロッパリーグ)では起用されている。ボクは今後も久保建英がビジャレアルで活躍するのを応援している。

 

今季久保建英選手が履いているスパイクは>>久保建英選手が履いているスパイクが気になったから調べてみた。の記事にまとめました。

 

 

 

 

コメント