【保存版】何度も見たい南野拓実|プレミアリーグ初ゴールシーン!

選手情報
この記事は約7分で読めます。

引用元:プレミアリーグ公式ツイッター

南野拓実がついにプレミアリーグ初ゴールを決めた。2020年12月19日、プレミアリーグ第14節、リバプール×クリスタルパレス戦の前半3分、南野拓実の歓喜の瞬間がやってきた!

 

 

南野拓実はこの日スタメン、フル出場!リバプールの大勝の先陣を切った。南野にとってカップ戦も含め今季15試合目、移籍後合計18試合目。世界最高峰のプレミアリーグ、リバプールでの1年は南野にとって長く厳しいサッカーが続いた。そしてリバプールへ移籍発表からちょうど1年の節目の12月19日、南野拓実は歓喜の初ゴールを挙げた!

 

 

【保存版】何度も見たい南野拓実プレミアリーグ初ゴールシーン!

引用元:DAZNJapan

 

プレミアリーグ第14節リバプール×クリスタルパレス戦の前半3分、南野拓実は非常に落ち着いていた。マネが出したパスに走り込みボールを受ける。バランスを崩したがワンフェイントを入れ、思い切り右足を振りぬいた。ボールはゴール左隅へ突き刺さった。ゴールの瞬間、南野拓実は歓喜を爆発させ両手でガッツポーズを見せた。

 

 

 

南野拓実はこの試合フル出場を果たし、リバプールは7-0の大差で勝ち点31。2位のエバートンに勝ち点5差をつけ、プレミアリーグ暫定首位に立った。

 

 

 

南野拓実はプレミアリーグのリーグ戦初ゴールを決めた。リーグ戦初ゴールまで本当に長い道のりだった。くしくもこの日は、南野拓実がザルツブルグからリバプールへ、移籍が発表されてからちょうど1年の節目だった。

 

 

 

リバプールに移籍して合計18試合目今シーズン公式戦15試合目での初ゴールだった。2020年8月29日のコミュニティ・シールドのアーセナル戦で移籍後初ゴール。2020年12月19日カラバオ・カップ3回戦での2ゴールを含めると今季4ゴール目を挙げた。

>>南野拓実がリンカーンシティ戦で2ゴール1アシスト!レギュラー獲得へ猛アピール

 

 

 

南野拓実|プレミアリーグでゴールを決めた日本人選手は7人!

 

過去にプレミアリーグでゴールを挙げた選手は6人。所属の古い順では、稲本潤一(フラム)、中田英寿(ボルトン)、香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)、吉田麻也(サウサンプトン)、岡崎慎司(レスター)、武藤嘉紀(ニューカッスル)の6選手。

 

 

南野拓実は日本人サッカー選手で7人目の快挙を成し遂げた。プレミアリーグのリーグ戦でのゴール数は以下の通り。

 

選手名プレミアリーグ戦のゴール数
岡崎慎司(レスターシティ/2015~2019)14ゴール
吉田麻也(サウサンプトン/2012~2020)6ゴール
香川真司(マンチェスターU/2012~2015)6ゴール
稲本潤一(フラム/2002~2004)4ゴール
中田英寿(ボルトン/2005~2006)1ゴール
武藤嘉紀(ニューカッスル/2018~2020)1ゴール
南野拓実(リバプール2019~現在)1ゴール

(※2020年12月20日現在)

 

 

岡崎慎司は日本人サッカー選手初プレミアリーグ優勝を記録。ミラクルレスターと言われた活躍でゴール数は14ゴールとズバ抜けている。次いで吉田麻也はDFというポジションながらも6ゴールを挙げている。ドルトムントから移籍した香川真司はプレミアリーグで日本人初のハットトリックを達成し6ゴール。稲本潤一、中田英寿、武藤嘉紀もゴールを挙げている。

 

 

 

プレミアリーグは欧州サッカー5大リーグ(プレミア・ラリーガ・セリエA・リーグアン・ブンデスリーガ)の中でもレベルが高いことで知られている。さすがフットボール発祥の地イングランドである。プレミアリーグの特徴は昔からフィジカル面の強さが要求されることだ。他のリーグに比べても身体的な接触が強く、からだの大きい選手には有利になるのだ。

 

 

 

日本人サッカー選手がプレミアリーグでフィジカル面で勝るの正直厳しい。もちろんフィジカル面だけでは無いが、日本人サッカー選手にとってプレミアリーグは結果が出しにくいリーグだと言われている。

 

 

 

しかし、プレミアリーグのサッカーも近年変化してきた。リバプールの監督クロップの戦術「ゲーゲンプレス」は日本代表のプレッシングサッカーに近いものだ。前線から相手にプレスを掛け、中盤から前でボールを奪いきってしまう。相手にパスを回す余裕さえ与えないサッカーだ。

 

 

 

南野拓実はザルツブルグでも、日本代表でもプレッシングサッカーを継続してきた選手だ。リバプールのサッカーは南野拓実のサッカーそのものになっている。クロップ監督は、それを分かっていて南野拓実をリバプールに読んだことは間違いない事実だ。

 

 

 

南野拓実は今シーズン15試合目の出場。クロップ監督の戦術理解も深まった。ピッチでのコンビネーションも慣れてきたところだ。このタイミングでのリーグ戦初ゴールは、偶然でなく必然だったといえる。

 

 

 

南野拓実はリバプール移籍後ちょうど1年でリーグ戦初ゴールを決めた。調子を上げていけば、もっとたくさんのゴールが生まれる。岡崎慎司の「14ゴールに追いつけるか」注目したい!

 

 

 

 

【保存版】何度も見たい南野拓実|プレミアリーグ初ゴールシーン!

リバプール公式ツイッターは南野拓実の移籍後1年の節目を祝福した。これまで出場機会に恵まれず、しんどい時期が長く続いた。チームメイトはビッグネームばかりでチャンスは回ってこない。カップ戦に出場できるけど、リーグ戦にはほとんど出られない。前線からのプレッシングで守備面では結果を出しているものの、肝心な攻撃面で結果が出ない

 

 

 

南野拓実に春が訪れた。リーグ戦初ゴールシーンを「何度も見たい」、「繰り返し見てほしい。」南野拓実の歓喜が伝わってくるだろう。今までのうっぷんを晴らすような会心の一撃だ。南野拓実は初ゴールで覚醒する。まわりのライバルは世界トップレベルの選手だ。しかし、そんなことはリバプールに移籍した時点で分かっていたこと。南野拓実は敢えて厳しいプレミアリーグ・リバプールを選んだのだ。

 

 

 

自信を取り戻した南野拓実に今後も注目したい。これから南野拓実の伝説が始まる。2020ー2021は南野拓実/リバプールの優勝は間違いない事実になる。南野拓実選手のスパイクが気になったから調べてみた。

 

 

 

コメント