西川潤の年俸推移や市場価格|プレースタイルの特徴を徹底解説!

西川潤 年俸推移 プレースタイルJリーグ
この記事は約8分で読めます。

 

「セレッソ大阪期待の星」といえばやっぱりMF西川潤選手ではないでしょうか?

西川潤選手は横浜Fマリノスジュニアユースからサッカーの名門神奈川「桐光学園」へすすみ、プロデビュー。

今シーズン2年目を迎えています・・・

 

 

今季前半戦は調子が良かったものの、中盤戦以降は伸び悩んでいるセレッソ大阪。

小菊新監督も将来性のある西川潤選手に期待しており「キープレイヤーになる」と見ていますね(^^)/

 

 

そこで今回は西川潤選手の年俸推移、市場価格、プレースタイルの特徴について調べてみました。

Jリーグの平均年俸もしらべてみましたよ~(*´▽`*)

それではさっそく見ていきましょう。

 

 

 

西川潤の年俸推移は?【最新】

 

 

 

西川潤選手の2020~2021年までの年俸推移を見てみましょう。

 

★西川潤選手の年俸推移(2020~2021)

2020年 460万円(セレッソ大阪)プロ入り1年目
2021年 460万円(セレッソ大阪)➡最新
参考サイト:Soccer-Money.net

 

 

プロ入り2年目、西川潤選手の最新年俸は460万円です。

プロ入り1年目も同額の460万円でした。

 

昨シーズンと同額なので年俸推移はありませんでした。

これからが楽しみな選手ですね~(^^)/

 

 

気になるJリーグの平均年俸は?

Jリーグ

 

 

ここで・・・

ちょっと気になったので世界サッカーリーグの平均年俸とJリーグの平均年俸も調べてみました。

 

 

■サッカーリーグ平均年俸ランキングトップ5

平均年俸がもっとも高いサッカーリーグは・・・

第1位がイングランド、プレミアリーグで4億1500万円
第2位がドイツ・ブンデスリーガで2億6600万円
第3位がイタリア・セリエAで2億4000万円
第4位がスペイン・リーガエスパニョーラで2億2100万円
第5位がフランス・リーグアンで1億8000万円

参考サイト:https://www.soccer-king.jp/news/world/20141118/251456.html

 

ちなみに・・・

Jリーグの平均年俸は約3500万円で

ランキング14位となっています。

 

 

 

 

 

西川潤|市場価格の推移は?

 

◆西川潤選手の市場価格(2019~2021)

2019年 20万円ユーロ/2600万円(桐光学園)

2020年 不明(セレッソ大阪)

2021年 30万ユーロ/3900万円(セレッソ大阪)最新 過去最高額

引用元:トランスファーマーケット公式サイト

 

 

 

西川潤選手選手の最新2021年の市場価格は30万ユーロ/推定3900万円となっています。

2019年17歳だった桐光学園時代の市場価格は20万ユーロ/2600万円でした。

 

 

高校生当時から日本代表アンダー世代に必ずといっていいほど選ばれていた西川潤選手。

その注目度の高さはすごかったですね(^^)/

 

 

まだ19歳と若く期待の西川潤選手…

もしかしたら数年後には海外移籍しているかもしれませんね(^^)/

楽しみですね~~~!

 

 

 

 

西川潤|プレースタイルの特徴は?

 

西川潤選手のプレースタイルの特徴は「柔らかなボールタッチ、ゴール・アシスト・ゲームメイク3拍子揃った万能型ミッドフィルダー」です。

 

 

Jリーグ公式サイトを見ると、西川潤選手のポジションはMF登録されています。

今シーズンはトップ一からやや下がり目でプレーしてるようですね、、、

 

現役日本代表、坂元達裕選手や清武弘嗣選手、乾貴士選手…と日本を代表する選手が揃っているセレッソ大阪だけにレギュラー争いもとても厳しい状況です。

そんな中でプロ入り2年目の西川潤選手は、昨シーズンより出場機会が増やしています。

 

 

さて・・・

西川潤選手のプレースタイルの特徴解説ということで、あらためて西川潤選手のプレー集を見返してみました。

 

やはり「180cm、70㎏」という恵まれた体格でボールキープすると、懐が深いので相手DFはなかなかボールが奪えないんですね。

 

さらに・・・

「ドリブルや身のこなしが抜群にうまい」のがプレースタイルの特徴と言えるでしょう。

 

 

ドリブルで相手を翻弄する場面も多く、細かいテクニックも得意。

ボールをダイレクトで芸術的につなぐスペインの「ティキ・タカ」に向いているようなプレースタイルですね。

 

 

西川潤選手は「これぞストライカー!」というより、ゲームコントロールやアシストもできる万能型ミッドフィルダーといった印象です。

セレッソ大阪、小菊新監督も西川潤選手は「日本を代表するプレーヤにならないといけない」と期待値の大きさが伝わってくるコメントをされていますね。

 

 

高校時代はいまよりももっと前線でプレーしていた印象でしたが、今シーズンはMFの位置にポジショニングしていますね。

ピッチ上のいろんなポジションでプレーしたり、ポジションを変えたりする中でどんどんプレーの幅が広がっていくのではないでしょうか。

 

プロ入り2年目、3年目…と西川潤選手がクラブの中心になっていく過程がとても楽しみですね~(^^)/

 

 

 

まとめ

 

⇧⇧⇧

ゴールキーパーの頭越しにみごとなループシュートを決める西川潤選手!

 

 

 

「いかがだったでしょうか?」

セレッソ大阪、そして…サッカー日本代表 パリオリンピック世代注目の選手・・・

西川潤選手の年俸推移、市場価格、プレースタイルの特徴についてまとめてみました。

 

 

「柔らかな身のこなしやボールコントロール技術」はJリーグトップレベルで、A代表に入れる潜在能力を十分に秘めた選手ですねっ

これからの活躍に期待したいですね~(^^)/

 

 

そんな西川潤選手の最新年俸は460万円でした。

これから活躍次第でどんどん上昇していきそうな予感がします。

 

 

そして・・・

西川潤選手のゴールに期待ですね!

Jリーグもいよいよ終盤戦…いったいどんなプレーを見せてくれるのでしょうか

…注目しましょう(^^)/

 

 

さて・・・

2021年夏の移籍はビッグな名前がズラリと並びましたね!

乾貴士選手、長友佑都選手、酒井宏樹選手、大迫勇也選手、武藤嘉紀選手、宮市亮選手などなど欧州でプレーした選手が続々加入の2021夏のJリーグ。

 

・・・ほんとうにすばらしいメンバーがこんなにたくさんっ!

サッカーファン、セレッソファンにとってもこれ以上の楽しみはないですね(^^)/

「乾貴士選手のドリブルが見られる~!」

 

 

 

西川潤選手(セレッソ大)の試合に興味があるひとは、ダゾーンで視聴可能です。

ダゾーン公式サイトはこちら>>>DAZN【公式】

ダゾーンで見れるサッカーリーグの一覧です>>>DAZNが放映権を持っているサッカーリーグをまとめてみた【2021最新】

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました