誰でも分かる海外サッカー解説【イングランド・プレミアリーグ編】

サッカー解説
この記事は約6分で読めます。

今回はフットボール発祥の地イングランドサッカーリーグ。

通称「プレミアリーグ」について徹底解説していきます。

 

プレミアリーグはヨーロッパサッカーの主要5大リーグの一つで、その中でも最も優勝するのが難しいリーグと言われている。

熱狂的過ぎるサポーター(フーリガン)は世界的に有名で問題となっている。

しかし多くのサポートにとってフットボールは愛され、イングランドの国技とも言える。

※イングランドではサッカーのことをフットボールという
※アメリカでフットボールというとアメリカンフットボールのことを意味する。

 

 

 

プレミアリーグの誕生やリーグシステムや加盟しているクラブ数、優勝クラブランキングなどをお届けしていきます。

それでは行ってみましょう。

プレミアリーグの歴史は・・・

国内リーグは1888年にスタートし、プレミアリーグ創設は1992年である。

1888年当時のヨーロッパサッカーは、スペイン、フランス、イタリアのほうが人気や収益があった。

一部の暴徒化した熱狂的サポーター(フーリガン)の問題もイングランドサッカーを悩ませる問題であった。

 

 

1990年のイタリアワールドカップでイングランドがベスト4進出

その後イングランドのサッカーはその活気を取り戻し、盛り上がっていったのだった。

ワールドカップでは、イングランドの選手が活躍しデビッド・ベッカムやウェイン・ルーニーらは一躍世界のトッププレイヤーになっていった。

 

プレミアリーグのクラブについて

リーグ編成について

1部リーグのことをプレミアリーグ、2部リーグはEFLチャンピオンシップという。

1部リーグ界の3クラブは自動降格

2部リーグから上位2クラブは自動昇格、3位~6位の4クラブでプレーオフを行い上位1クラブが昇格するシステムだ。

そのため毎年3クラブづつ入れ替わることになっている。

 

 

1部リーグクラブ数

20のクラブが所属し、毎シーズンホーム&アウエー方式の全38試合で優勝を争う。

 

 

2020~2021シーズンのプレミアリーグ(1部)所属クラブ

・レスターシティ
・エバートン
・アーセナル
・リバプール
・クリスタル・パレス
・トットナム・ホットスパー
・ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ
・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン
・リーズ・ユナイテッド
・チェルシー
・ニューカッスル
・アストン・ビラ
・マンチェスターシティ
・マンチェスターユナイテッド
・バーンリーFC
・シェフィールド・ユナイテッド
・ウェストハム・ユナイテッド
・フラム
・サウザンプトン
・ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン

 

 

優勝回数ベスト3

1位 マンチェスターユナイテッド 優勝回数13回
2位 チェルシー 優勝回数5回
3位 マンチェスターシティ 優勝回数4回

ダントツ1位はマンチェスターU、13回の優勝はすさまじい。

プレミアリーグで優勝したことがあるクラブは、2020年現在わずか7クラブしかない。

上の3つのクラブに加え、アーセナルが3回、レスターシティ、リバプール、ブラックバーンが1回である。

 

プレミアリーグとCL、EL枠の数について

かつては欧州三大カップ戦と呼ばれる大きな大会があったが、現在は2つのビッグタイトルがこの2つ。

チャンピオンズリーグ(通称CL)とヨーロッパリーグ(通称EL)と言われる大会だ。

 

どちらもヨーロッパサッカー連盟(通称UEFA)の主催でチャンピオンズリーグは文字通りヨーロッパクラブのチャンピオンを決めるものだ。

CL、ELの出場枠はその国のUEFAランキングに準じて決められている。

 

イングランドの場合、リーグ戦の上位4チームがCL出場。

5位のチーム&国内カップ優勝チーム&国内リーグカップ優勝チームの3チームがEL出場になっている。

※詳しいチャンピオンズリーグ(CL)の解説はこちら

※詳しいヨーロッパリーグ(EL)の解説はこちら

プレミアリーグの外国人枠について

日本人選手がイングランドで試合に出場する場合、外国人枠が適用される。

Jリーグに助っ人外国人選手として、ジーコやリネカー、リトバルスキー、ドゥンガらがやってきた感じだ・・・・・ということは、助っ人でやってきてるんだから活躍しないと「アウト!」ってことですね。

 

外国人枠も各国様々な対応をとっているが、プレミアリーグは原則外国人枠は無い代わりに、ホームグロウン制度がある。

これは過去3年間イングランドでプレーしている選手を7名以上は含めなければいけない制度だ。

 

また、外国人選手は就労ビザを取得しなければならない。

その条件は直近2年間の国際Aマッチの75%出場していることだ。

 

 

主要5大リーグの外国人枠については、各国で微妙に異なってるので調べてみると面白い。

※もっと詳しい【外国人枠】については誰でも分かる海外ヨーロッパサッカー【主要5大リーグ外国人枠編】で解説。

 

過去にプレミアリーグに所属していた日本人選手はいたのか?

ヨーロッパリーグの日本人選手というと香川真司が活躍したドイツ・ブンデスリーガや中田英寿や三浦知良のイタリア・セリエAをイメージしてしまうんじゃないだろうか?

なんとなく日本人選手がパッと思い浮かばないのがプレミアリーグだ。

 

調べてみるとやっぱり少なかったんだが、超大物選手がいました。

2015年ミラクルレスターで優勝した初めての日本人が岡崎慎司だ。

 

 

過去にプレミアリーグ所属の日本人選手は4名(1部)

・稲本潤一(フラム)
・香川真司(マンチェスターユナイテッド)
・岡崎慎司(レスターシティ)
・南野拓実(リバプール)

 

誰でも分かる海外サッカー解説【イングランド・プレミアリーグ編】まとめ

「プレミアリーグ」ってサッカー通は知ってるけど、それ以外の人はあまりなじみがない気がしていた。

しかし2020シーズンにはプレミアリーグにはたった1人、日本人選手がいる。リバプールの南野拓実だ。

 

 

リバプールは昨年のプレミアリーグを制したクラブで、もう半端なく強いチームだ。

監督はドルトムント時代の香川の恩師、名将クロップ。南野にとって大事な1年になるだろう。

 

 

ということで、今シーズンのプレミアは南野推しでいきましょう!

みんなで応援できたらうれしいですね。まずはレギュラーとして定着してほしいところです。

 

DAZN

▶プレミアリーグはDAZN(ダゾーン)で独占放送中!月額1925円はもったいないのか?

 

⚽サッカー用品がすべて揃う激安ネットショップはコチラから👉激安サッカーショップ ユニオンスポーツ

コメント