ペルセウス座流星群2020東京から見える方向やピーク時間はいつ?

この記事は約3分で読めます。

ペルセウス座流星群2020
東京から見える方向とピーク時間は?

ペルセウス座流星群2020年、今年もこの季節になりました。毎年見られる流星群として人気のペルセウス流星群。学名はPerseidsといいます。

毎年7月の後半~8月20日ころに見られ、

しぶんぎ座流星群ふたご座流星群とともに年間三大流星群として知られています。2020年も天体ファンにはうれしい季節になりました。東京のおすすめスポット、見える方角とピーク時間について書いていきます。

 

スポンサーリンク

ペルセウス流星群が見やすい方向とピーク時間は?

極大時刻(世界的に見た時間)とは・・・流星群が最も活発に活動する時期のことをいいます。

今回のペルセウス流星群の極大時刻。

活動が最も活発なのは(極大時刻)は、
8月12日の22時ころ

 

よって、
見やすいとされるのは
8月12日深夜から13日未明にかけて!

ペルセウス座流星群は、極大の状態が数時間続くため、

分単位でカウントする必要はないでしょう。

14日の午前4時ころ(暗いうち)までは見えるチャンスがあります。

今年は、天体の関係で
月明かりの影響をうけやすい年のようで
例年に比べ見づらいかもしれません。

スポンサーリンク

東京から見える方向は?

答えは、ぶっちゃけ
見る方角を気にしなくてもよい!

どうして??と言われますと、

理由は、
流星群は夜空のどこにでも現れるから!
です。

望遠鏡でみると見る範囲が狭く絞られてしまいますから、肉眼で広い範囲を見たほうが見つけやすいです。

方角、方向にはこだわらずに、できるだけそらの広範囲を見渡せる場所がベストです。

より広範囲の空を見渡せる場所を
オススメします。

 

見える流星群の数

1時間あたり30後前後の流れが見えます。明かりの強弱の関係で見る場所によって変化します。たくさんの星を見られるといいですね。

 

スポンサーリンク

どこでみる?東京で見える場所は?

人工的な光や明かりが無く、夜空を広範囲見渡せる場所!

流星群の星から放たれる明かりは、
とても弱いものです。
人工の光や明かりがあると、流星群の明かりは見えづらくなります。
東京だと人工的な光が物理的に多いので、郊外に出た方が見やすい可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ペルセウス流星群・・・しぶんぎ座流星群ふたご座流星群とともに年間三大流星群。

毎年7月後半~8月20日ころ見える流星群で有名。

見える方向・・・   見る方向を気にしなくてもよい!

           流星群は夜空のどこにでも現れるから!

 

ピーク時間・・・   活動が最も活発なのは(極大時刻)は、8月12日の22時ころから

           8月12日深夜~8月13日未明がチャンス!8月14日未明

まで見える可能性あり

見える流星群の数・・・1時間あたり30前後の流れ

東京で見える場所・・・人工的な光や明かりが無く、夜空を広範囲見渡せる場所。

都心よりも郊外のほうが見やすい可能性あり。

 

コメント