サッカー用語「デュエル」とは?遠藤航がブンデス勝利数1位!

サッカー解説
この記事は約3分で読めます。

最近「デュエル」というサッカー用語をよく耳にしませんか?日本代表ボランチ遠藤航選手がブンデスリーガのデュエル勝利数№1に輝いたことでニュースでも目にするようになりました。サッカー用語「デュエル」の意味を解説します。

 

「デュエル」言葉の意味は?

「デュエル」(duel)とはラテン語で2人を意味する言葉「デュオ」(duo)からきています。そこから派生した言葉(duellum)が「デュエル」(duel)の語源になったそうです。現在英語で使われる場合決闘、果し合いを意味します。

 

「デュエル」サッカー用語の意味は?

サッカー用語で使われる「デュエル」は2人で戦うこと。つまり一対一の場面という意味で使われています。「デュエル勝利数」とは一対一の場面での勝ち星と考えましょう。

デュエルとは・・・サッカーの「一対一の場面」のこと

 

サッカーではボールを敵と味方に分かれて奪い合います。大きく捉えれば、サッカーの試合はボールの奪い合いを繰り返すことであるとも言えます。多くの時間ボールを保持したチームは有利ですし、そうでないと不利になります

 

 

「デュエル」で勝つこと=ボール保持につながるため、近年のサッカーではとても重要視されている指標なのです。遠藤航選手がブンデスリーガの「デュエル勝利数」1位ということは、チームにとってメリットになります。なぜなら遠藤選手が一対一で勝てば、チームがボールを保持できる時間が長くなるからです。

 

 

「デュエル」と言われる場面はどんな場面なのか?

「デュエル」と言われる場面はどんな場面なのだろうか?上の写真は遠藤航選手が一対一で争っている写真です。この場面が「デュエル」といえます。

 

「具体的には???」
以下のような場面になります。

・ヘッディング(空中戦)で競い合う場面
・ルーズボール(こぼれ球)を奪い合う場面
・ドリブルで仕掛けるたり仕掛けられたりする場面

 

デュエルに強い選手とは・・・???

「デュエルに強い選手の条件は、なんだろうか?」ボクなりにその条件を考えてみることにした。デュエルが強いというと、遠藤航選手や長谷部誠選手、長友佑都選手、内田篤人選手、中田英寿選手などが頭に浮かんできた。選手の共通点を探せば条件が分かると思ったからだ。

 

 

「デュエル」が強い選手の条件は以下の通り

・当たり負けしないフィジカル(身体)
・相手の動きへの読みの速さ
・相手の動きへの読みの正確さ
・安定した下半身(重心が低いこと)
・一歩目の速さ
・ピッチを俯瞰してみる視野

 

分かりやすい表現にしてみよう。上に挙げた選手たちの共通点はボールを取られないこと。非常に試合勘が良く、ピッチ全体を把握できている。だからこそ慌てずに冷静な判断と冷静なプレーができる。またボール保持中も下半身が安定していて転倒しない。デュエルに強い選手はMF(ボランチ)やDFに多い印象だ。

 

サッカー用語「デュエル」とは?遠藤航がブンデス勝利数1位! まとめ

サッカー用語「デュエル」の意味を知ることで、サッカーの理解が深まりました。サッカーはその時代とともに変化しています。ルールが変わったり、新しい用語が加わったりします。「VAR」システムは現代のIT技術があってこその新ルールですね。サッカー用語を沢山知ってサッカーの魅力が伝わればうれしいです。

 

コメント