香川真司の移籍はどうなる?代理人とサラゴサ幹部が29日会談予定

サッカー
この記事は約2分で読めます。

香川真司の移籍はどうなる?29日代理人とクラブが会談予定

この投稿をInstagramで見る

Shinji Kagawa 香川真司(@sk23.10)がシェアした投稿

サラゴサ所属の香川真司の動向に注目が集まる中、
9月29日、サラゴサ幹部と香川真司の代理人が会談予定と報じられた。おそらくサラゴサの契約についての話し合いがもたれる模様だ。

 

 

サラゴサの外国人枠はすでに決まっており、香川真司は移籍するほか選択肢はない模様。クラブ間での移籍期限は10月5日となっている。
しかし、サラゴサとの契約が解除でフリーになれば、10月5日の移籍期限は関係なくオファーを受けることができる。

 

 

現在スペイン2部の複数クラブ、アメリカ、カタール、などからオファーがあると報じられているが、香川本人の意向はスペインリーグでプレーすることとなっている。
29日に何かしらの動きがあることは間違いない。1日も早くサッカーに専念できる環境が訪れることを願いたい。

 

 

今まで移籍候補として名前が挙がったクラブ

✅これまで挙がった移籍候補一覧

スペイン・・・カディス、ビジャレアル
スペイン2部・・ログローニョ、ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダ、サバデル
Jリーグ・・・セレッソ大阪
その他、カタールリーグ、MLS【アメリカ】

 

 

✅もっと知りたい方はこちらの記事をお読みください↓↓↓↓↓

コメント