【歴代~現在】セリエA所属日本人選手一覧表

セリエA
この記事は約4分で読めます。

セリエAと言えば世界最高峰のイタリアサッカーリーグとして有名ですが

日本人選手が活躍した歴史は意外と日が浅い。

 

その扉を開いた歴代の選手から現在までの所属選手を一覧でまとめてみました。

ワールドカップベスト16以上の結果を出すためには世界最高峰のセリエAで活躍する日本人選手がさらに増えることを願っています。

 

 

【歴代~現在】セリエA所属日本人選手一覧表

選手名所属クラブ所属シーズン主な成績
三浦知良ジェノバ1994-1995アジア人初のセリエA選手
21試合1ゴール
中田英寿ペルージャ
ローマ
パルマ
ボローニャ
フィオレンティーナ
1998-2000
2000-2001
2001-2004
2004
2004-2006
225試合30ゴール。
ローマではリーグ優勝。
ユベントス戦のゴールは今も語り継がれている。
エース、トッティとライバル対決をした。
名波浩ヴェネツィア2000-200124試合1ゴール
中村俊輔レッジーナ2002ー200581試合11ゴール。
その後スコットランド、
セルティックへ移籍、
日本人初年間MVPを獲得。CLのマンチェスターユナイテッド戦でのフリーキックで世界に衝撃を与えた。
柳沢敦サンプドリア
メッシーナ
2003-2004
2004-2006
44試合ゴールなし。
小笠原満男メッシーナ2006-20076試合1ゴール。
大黒将司トリノ2006-200810試合ゴールなし。
森本貴幸カターニャ
ノヴァーラ
カターニャ
2006-2011
2011-2012
2012-2013
18歳でセリエA挑戦。
将来日本代表のエースストライカー候補だったが、爆発できず。
104試合19ゴール。
長友佑都チェゼーナ
インテル
2010-2011
2011-2018
186試合9ゴール。
名門インテルでキャプテンマークを巻くほどの定着ぶりだった。
その後トルコガラタサライへ移籍。
10本田圭佑ACミラン2014-2017ACミランで背番号10を付けた。
プレッシャーを受けながらも81試合9ゴール。
11富安健洋ボローニャ2019-現在ボローニャでレギュラー獲得。日本代表のCBとして吉田麻也とともに期待されている。
12吉田麻也サンプドリア2019-現在プレミアリーグ、サウサンプトンに8年在籍後、移籍。
レギュラー奪取へ奮闘中。
日本代表CBでキャプテン。

 

 

【歴代~現在】セリエA所属日本人選手一覧表まとめ

1994年の三浦知良選手から始まり、2020年シーズンまでに12名の日本人選手がイタリアセリエAのクラブに所属していました。

 

特に活躍した印象があるのは中田英寿選手と長友佑都選手ではないでしょうか?
中田英寿選手はローマでリーグ優勝(スクデット)を獲得。

 

長友佑都選手は常にリーグ上位に入るインテルでレギュラーとしてほぼすべての試合に出場しています。

 

 

現在セリエAに所属する日本人選手は2名。サンプドリアの吉田麻也選手とボローニャの富安健洋選手。
なぜか2人ともポジションがDFで、日本代表でもCB(センターバック)でタッグを組んでいる2人です。

 

 

イタリアにはカテナチオというサッカー用語があります。イタリアのサッカーを象徴する言葉です。

【サッカー用語解説】
カテナチオ
とは・・・イタリア語の掛けがね、かんぬきという意味で、カギをかけたように守備が固いことを指しています。
このようにイタリアセリエAのサッカーは守備が固いことが有名なリーグです。
その中で日本人選手のDF富安健洋選手、吉田麻也選手が活躍していることに深い意味を感じてしまいます。
こちらの記事もオススメしています↓↓↓↓↓

▼日本人選手(吉田麻也選手・富安健洋選手)の試合が観たい方はこちら

「ボローニャ・サンプドリア」の全38試合

 DAZN放送中&ネット配信中!(31日間無料視聴可能)

 

DAZN

 詳細はこちらから

▶DAZN【公式】

 

コメント