鎌田大地のプレースタイル|3つの特徴とは?日本代表指令塔のすごさがわかる!

鎌田大地 プレースタイルブンデスリーガ
この記事は約9分で読めます。

 

最近、日本代表の試合をみていると、鎌田大地選手のプレースタイルが気になりませんか?

 

「どうしたらあんなにいいパスが出せるんだろう?」

「顔色変えずに、いつも冷静だよなぁ」

 

…そんな声が聞こえてきますねっ!

 

そこで本記事では鎌田大地選手のプレースタイルの特徴を3つ徹底分析してみました。

動画つきで、わかりやすくお伝えしますね。

それではいってみましょう!

 

 

鎌田大地のプレースタイル|3つの特徴とは?

 

 

■鎌田大地選手のプレースタイル|3つの特徴

①ポジショニングのうまさ

②視野の広さ

③アシスト数の多さ

 

上に挙げたプレースタイルの3つの特徴を、

ひとつづつ解説していきます。

 

 

プレースタイルの特徴① ポジショニングのうまさ

 

 

⇧⇧⇧ヨーロッパリーグ(EL)でハットトリックを決めた鎌田大地選手。

味方選手がボールを持った瞬間の動き(ポジショニング)が抜群ですねっ!

 

 

鎌田大地選手のプレースタイルの特徴その①は「ポジショニングのうまさ」です。

鎌田選手のポジションはトップ下。

最近の日本代表の試合でもトップ下起用が多いですよね?

 

トップ下の役割は、中盤でボールをさばきチャンスメイクをすること。

そして隙あらば自らゴールを奪いにいくことです。

 

最近の日本代表の試合のゴールや決定機は、鎌田大地選手から生まれることが多いんです。

 

 

「どうして鎌田選手がこんなにもチャンスを作れるのでしょうか?」

それは・・・

「ボールを受ける場所が良いから」です。

 

つまり・・・

「ポジショニングのうまさ」が関係してるってことですね。

 

「いったいどうやっているのでしょうか?」

…具体的に説明しますね。

 

鎌田選手はつねに試合展開をみながら、みずからのポジションの「上下動」を繰り返してます。

 

たとえば・・・

チームがテンポよく、ボールを回していれば、できるだけ相手陣内にポジショニングします。

■効果・・・相手ゴールに近いので、決定機をつくりやすい

 

逆に・・・

チームの流れがわるく、ボールが回っていなければ、躊躇なくポジションを下げます。

そしてボランチ付近でボールをもらい、ゲームを組み立てるのです。

■効果・・・うしろからパスをつなぐことで、チームにテンポ感と好循環を作りだす

 

 

また・・・

「相手ゴール付近でのポジショニングのうまさ」も、鎌田大地選手のプレースタイルの特徴でしょう。

相手ゴール前にはたいてい、DFがズラリと並んでいますよね。

 

こんな場面でも、ポジショニングのうまさが効果的なんですよね。

鎌田大地選手は、ワンツーをうまく使ったり、ドリブルでボールを横に運ぶことでパスコースを作ろうとしています。

 

ボールをうけるときには、一歩下がったり、相手の裏のスペースに巧みに入り込むんですよね。

こういったプレーはすべて「ポジショニングのうまさ」が無いとできないワケです。

 

鎌田大地選手のゴールシーンをみても、ボールを受ける位置が抜群に良いんですよね。

相手DFをうまく交わしたり、「視野から外れる動き」がうまいんです。

 

鎌田大地選手のプレーを分析した結果、「ポジショニングのうまさ」と「チャンスメイクの数」は関連していると言えるでしょう。

 

 

 

プレースタイルの特徴② 視野の広さ

 

 

 

⇧⇧⇧ドリブル時でも視線が落ちない鎌田大地選手!だから必然的に視野が広くなるっ!

 

 

鎌田大地選手のプレースタイルの特徴その②は「視野の広さ」です。

鎌田大地選手はつねにピッチ上を観察しています。

この行動は一流プレーヤーの特徴とも言えます。

 

 

じっさいに・・・

スペイン代表のレジェンド、ヴィッセル神戸のイニエスタ選手は常に首をふって、「スペースやパスコースは無いか?」と探していますね。

 

 

鎌田大地選手もイエニスタ選手と同様に視野が広く、パスコースやスペースをうまく見つけることができるんですね。

通常ならばボールを持っている選手は、ボールコントロールするために、下を向きがちになります。

それだと、周囲が見えなくなってしまいます。

 

 

しかし・・・

鎌田大地選手はボールキープ時とそうでない時の姿勢が変わらないんです。

ということは…顔が前を向いた状態でプレーができるんですね。

 

 

つまり・・・

下を向かないので視野が広くなり、ボールの出しどころをたくさん見つけられるのです。

鎌田大地選手から決定機が多く作られるのは、視野の広さが関係していたんですね。

 

 

往年の名プレーヤー中田英寿選手がそうだったように、下半身が安定し転倒しない。

また、ボールキープ時でもつねに前を見てプレーできるので必然的に視野(見える範囲)が広くなるというワケです。

 

 

プレースタイルの特徴③ アシスト数の多さ

 

 

⇧⇧⇧ブンデスリーガ第3位のアシスト数を誇る鎌田大地選手!

 

 

鎌田大地選手のプレースタイルの特徴その③は「アシスト数の多さ」です。

20ー21シーズン、フランクフルトで挙げたアシスト数は、なんと「12」。

 

 

これはブンデスリーガ第3位のアシスト数で、日本人選手としては快挙と言えるでしょう。

リーグ戦32試合で12アシストということは、「3試合に1点以上のアシスト」を決めた計算になります。

 

 

今季のゴール数「5」を足せば、32試合で17ゴールに絡む活躍を見せたんですね。

「2試合出れば、かならず得点につながった」ということです。

すごいゴール関与数ですよねっ!

 

 

しかもフランクフルトは今季5位でフィニッシュ、UEFAヨーロッパリーグの出場権を手にしました。

■UEFAヨーロッパリーグについてはこちら➡誰でもわかるサッカー解説【ヨーロッパリーグ(EL)】とはどんな大会なの?をご覧ください。

 

上に挙げた鎌田大地選手のプレースタイルの特徴①「ポジショニングのうまさ」②「視野の広さ」が、ブンデスリーガ第3位のアシスト数につながったと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

 

⇧⇧⇧日本代表戦で冷静なゴールを決める鎌田大地選手!周りが見えすぎですよねっ(^_-)-☆

 

 

「いかがだったでしょうか?」

いまや日本代表の司令塔として欠かせなくなった鎌田大地選手!

プレースタイルの特徴を3つ分析してみました。

 

 

「ポジショニングのうまさ、視野の広さ、アシスト数の多さ」

これらは鎌田大地選手の「特筆すべきプレースタイル」と言えるでしょう。

来季、EL(ヨーロッパリーグ)で、どんなプレーを見せてくれるのでしょうか?

 

じつは・・・

もっと紹介したいプレーもありますが、長くなり過ぎてしまうのでまた別の記事で紹介しますね。

 

今後も鎌田大地選手のプレーに注目していきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

コメント