大迫敬介(おおさこけいすけ)の年俸と年俸推移は?気になる市場価格も紹介!

大迫敬介 おおさこけいすけ 年俸 推移 Jリーグ
この記事は約6分で読めます。

オリンピック日本代表でゴールマウスを守る守護神GK大迫敬介(おおさこけいすけ)選手。

 

フィールドプレーヤーだけじゃなく、ゴールキーパーのレギュラー争いも、

かなり厳しさを増していますよね?

 

日本代表の背番号「1」といえば、正GKのイメージがあります。

今後さらに大迫敬介選手の活躍に、注目が集まっていく予感がしますね!

 

そこで今回は注目のGK大迫敬介(おおさこけいすけ)選手の年俸や年俸推移についてまとめてみました。

さらに、気になる市場価格もしらべてみました。

それではさっそく見ていきましょう。

 

大迫敬介(おおさこけいすけ)|年俸と年俸推移は?

 

大迫敬介(おおさこけいすけ)選手の

最新2021年の年俸は推定1500万円となっています。

 

それでは、年俸の推移を見ていきましょう。

 

■大迫敬介(おおさこけいすけ)選手の年俸推移(2018~2021)

2018年 推定380万(サンフレッチェ広島)

2019年 推定380万円(サンフレッチェ広島)

2020年 推定1000万円(サンフレッチェ広島)

2021年 推定1500万円(サンフレッチェ広島)

参考サイト:Soccer-Money.net

 

2018年プロ入り1年目の年俸は380万円でした。

 

ちなみに・・・

Jリーグの1年目の年俸はおよそ300万円~上限460万円と決まっています。

 

社会人1年目といっしょで

決まってるのね!

 

厳しいプロの世界は

ここから始まっていくんだ!

 

 

高校卒、大学卒1年目の選手は全員C契約から始まり、その後出場試合数や成績によってB契約A契約と変わっていきます。

 

■A契約の条件は以下のとおりです

・プロ契約が3年以上

・出場試合時間 J1➡450分 J2➡900分 J3➡1350分

 

A契約までいくと年俸の上限はなくなり、活躍次第でどんどん上昇していくのです。

 

 

これも初耳だわぁ。
いろんな契約の種類があるのねえ。

 

…話をもどしましょう。

2019年プロ入り2年目の年俸は、前年度と同じ380万円となっています。

 

3年目の2020年は一気に1000万円まで推移、上昇していますね。

2021年は、500万円アップの1500万円となっています。

 

 

■大迫敬介選手|2018~2021(4年)年俸推移は以下のとおりです。

380万円➡1500万円 (1120万円アップ)

 

 

4年間で1120万円も上がるなんて

すごすぎだわあ!!!

 

 

2021年は日本代表U24に選出され、GKのトレードマーク背番号「1」をつけている大迫敬介選手。

年俸は今後さらに上昇するのではないでしょうか。

 

 

大迫敬介(おおさこけいすけ)|市場価格の推移は?

 

 

■大迫敬介(おおさこけいすけ)選手の市場価格の推移(2018~2021)

2018年 5万ユーロ 660万円(サンフレッチェ広島)

2019年 100万ユーロ 1億3000万円(サンフレッチェ広島)過去最高額

2020年 90万ユーロ 1億2000万円(サンフレッチェ広島)

2021年 90万ユーロ 1億2000万円(サンフレッチェ広島)

引用元:トランスファーマーケット公式サイト

 

2018年の市場価格は660万円(5万ユーロ)でした。

2019年は一気に市場価格は過去最高額の1億3000万円(100万ユーロ)まで推移上昇しています。

 

2020年、2021年は同額で1億2000万円(90万ユーロ)へ推移しました。

 

年俸と同様に市場価格も選手の成績や活躍によって変動します。

お給料とは違うのよね?

 

うん、ちょっとちがうんだ。

市場価格は選手の移籍や契約時の指標にもなるんだよ。

移籍金にも関係するみたいだよ。

 

大迫敬介選手は日本代表U-24での活躍

オリンピック本大会で勝ち上がるといった結果次第で、

市場価格はグーンと上昇する可能性が十分あります。

 

好セーブと好記録に期待したいところですねっ!

 

まとめ

 

いよいよ東京オリンピックまであとわずか!

大迫敬介(おおさこけいすけ)選手の活躍に期待したいですね!

 

史上最強メンバーと言われる日本代表U24チーム。

そして・・・

最強チームのゴールを守る守護神!

 

U16ユース年代からずっと世界の大舞台で戦ってきた大迫選手。

コメント