吉田麻也の年俸推移は?各クラブでの年俸や過去最高額は?

吉田麻也 年俸 推移セリエA
この記事は約7分で読めます。

サッカー日本代表のキャプテン

吉田麻也(よしだまや)選手。

 

その活躍ぶりはとてつもなく

まさに「精神的柱」のような存在になっていますね!

 

 

そこで気になる吉田麻也選手の年俸推移を調べてみました。

過去に在籍したクラブでの年俸、過去最高額はいくらだったのでしょうか?

 

 

吉田麻也の年俸推移は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿

👆👆👆

「頼れるキャプテン吉田麻也選手」

なんかすごくいい写真ですよねぇ(^^♪

 

すいません、はなしが脱線しましたっ💦

 

まずはじめに、

「名古屋グランパスからサンプドリア」にいたる

2007~2020年までの年俸推移

を見てみましょう。

 

 

★吉田麻也(よしだまや)選手の年俸推移

2007年 360万円(名古屋グランパス)

2008年 800万円

2009年 1600万円

2010年 1億円(VVVフェンロ)

2011年 1億円

2012年 3億円(サウサンプトン)

2013年 3億円

2014年 3億円

2015年 3億円

2016年 3億9000万円→過去最高額

2017年 3億9000万円

2018年 3億9000万円

2019年 3億9000万円

2020年 3億9000万円(サンプドリア)

 

年俸の過去最高額は、2016~2020年の

3億9000万円です。

 

 

名古屋グランパスでの年俸

うえの写真は、2008年の吉田麻也選手です。

めちゃくちゃ若いですね!

なんかすごい新鮮ですっ。

 

 

★名古屋グランパスでの年俸推移360万円→1600万円

2007年 360万円(名古屋グランパス)

2008年 800万円

2009年 1600万円

 

 

プロ入り1年目の年俸は360万円でした。

3年間で5倍近い

1600万円までアップしています。

 

 

VVVフェンロでの年俸

名古屋グランパスから

オランダVVVフェンロへ移籍したんですね!

ここから欧州での挑戦が始まりました!

 

 

★VVVフェンロでの年俸推移1億円→1億円

2010年 1億円(VVVフェンロ)

2011年 1億円

 

VVVフェンロでの年俸は2シーズンともに

1億円でした。

 

VVVフェンロに在籍したのは

2年間だったんですね。

 

VVVフェンロといえば

過去に本田圭佑選手も在籍していましたね!

 

 

サウサンプトンでの年俸

 

★サウサンプトンでの年俸推移 3億円→3億9000万円

 

2012年 3億円(サウサンプトン)

2013年 3億円

2014年 3億円

2015年 3億円

2016年 3億9000万円→過去最高額

2017年 3億9000万円

2018年 3億9000万円

2019年 3億9000万円

 

 

プレミアリーグで通用することを証明した

サウサンプトン時代の吉田麻也選手。

 

年俸はVVVフェンロ時代の1億円→3億円に推移。

プラス2億円と、大幅上昇しています。

 

2016年の年俸は3億円→3億9000万円へ推移。

これまでの過去最高額となっています。

 

サウサンプトン時代8シーズンで

通算154試合に出場、

6ゴールを記録しました。

その評価は年々上がっていきましたね!

 

 

ちょっと気になったので

これまでプレミアリーグでプレーした日本人選手を調べてみましたっ!

👇👇👇

★これまでプレミアリーグでプレーした日本人選手

・南野拓実選手→リバプール、サウサンプトン

・岡崎慎司選手→レスターシティ

・香川真司選手→マンチェスターユナイテッド

・武藤嘉紀選手→ニューカッスル

・中田英寿選手→ボルトン

・宮市亮→ボルトン、ウィガン、アーセナル

・戸田和幸→トットナムホットスパー

 

これまでにイングランドプレミアリーグでプレーした日本人選手

引退した選手、現役選手ふくめて7人

しかいないんですねっ!

 

「あらためて、すごいですね!」

プレミアリーグは世界最高のサッカーリーグと言われ

その平均年俸は約4億円となっています。

レベルが高すぎますねっ!

 

「8シーズンもプレーした」吉田麻也選手の

すごさが分かりますね!

 

 

サンプドリアでの年俸

 

★サンプドリアでの年俸推移 3億9000万円

2020年 3億9000万円(サンプドリア)

 

8シーズンいたイングランドプレミアリーグから

イタリア・セリエAへ移籍した吉田麻也選手。

 

すぐにサンプドリアでレギュラーポジションをつかみ

CB(センターバック)で出場しています。

 

守備の国(カテナチオ)と言われるイタリアで

日本人選手が守備の要「センターバック」で、

 

しかも・・・

「レギュラーでプレーしている」なんて

すごすぎますねっ!

 

年俸も3億9000万円をキープしています。

 

 

まとめ

 

プロ入り後、

選手生活のほとんどを欧州で過ごしてきた吉田麻也選手。

 

しかもプレミアリーグで8年にわたり活躍し

いまもなおセリエA(5大リーグ)でプレーする吉田選手は

「欧州組の先駆者」と言えるでしょう。

 

そして・・・

日本代表キャプテンマークを長谷部誠選手から

引き継いだ吉田麻也選手。

 

2021、5月

オリンピック代表のOA(オーバーエイジ)枠

3名に選ばれましたねっ!

 

2021シーズンも終わり

今後もどこまで行ってくれるのか

楽しみでしょうがないです!

>日本代表キャプテン吉田麻也選手のスパイクが気になったので調べてみた

 

サッカー観戦(セリエA)に興味があるひとは、ダゾーンが断然おすすめです。

31日間無料で見れますので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。もしも「合わないなぁ」と思ったら無料期間内での解約もOKです。

ダゾーン公式サイトはこちら→DAZN【公式】

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

コメント