香川真司・移籍最新情報!【2021】

香川真司 移籍 最新 移籍先その他欧州リーグ
この記事は約18分で読めます。

 

香川真司選手のプレーを楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。

2021年8月17日、そんなファンにとってビッグニュースが入ってきました。

 

ギリシャのPAOKからアメリカメジャーリーグサッカー(MLS)へ移籍する可能性が浮上。

移籍先候補として挙がったのは「ポートランド・ティンバーズ」・・・

 

 

ポートランド・ティンバーズはアメリカMLSのチームでした。

知ってるようで知らないことも多いアメリカメジャーリーグサッカー、

 

そして・・・

「ポートランド・ティンバーズ」とはいったいどんなチームなのでしょうか?

…ということで気になったので「アメリカメジャーリーグサッカー」と「ポートランド・ティンバーズ」について調べてみました。

 

 

香川真司|移籍先候補「ポートランド・ティンバーズ」とは?

 

 

 

香川真司選手の移籍先候補「ポートランド・ティンバーズ」

どんなチームか知りたくなって調べてみました(^^)/

 

 

◆ポートランド・ティンバーズとはどんなチーム?

クラブ名:ポートランド・ティンバーズ

英語:Portland Timbers

創設年:1975年

ディビジョン:MLSウェスタン・カンファレンス(西地区)

愛称:ザ・ティンバーズ(The Tinbers)

クラブカラー:緑

ホームタウン:ポートランド

ホームスタジアム:プロビデンス・パーク

収容人数:21,144人

監督:ジョバンニ・サバレーゼ(2017~2021)

獲得タイトル:MLSカップ/リーグ優勝(2015)、MLSイズ・バック・トーナメント(2020)

過去に在籍した日本人選手:鈴木隆行(2008~2010)、西村卓朗朗(2008)

公式インスタグラム:https://www.instagram.com/timbersfc/?hl=ja

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Portland Timbers(@timbersfc)がシェアした投稿

 

 

ポートランド・ティンバーズは2011年からアメリカメジャーリーグサッカー(アメリカ1部)に加入したチームです。

 

 

 

じつは・・・
アメリカのサッカーあんまり詳しくないんだけど・・・

 

それじゃあ、わかりやすく説明するね!

 

 

アメリカメジャーリーグサッカー、通称MLS。

MLSはアメリカとカナダ2か国27チームで開催されるサッカーリーグで、

主要なプロスポーツリーグとなっています。

 

 

全27チーム中「アメリカ24、カナダ3チーム」という内訳になっています。

主催するのは「北中米カリブ海サッカー連盟」

 

MLSの創設は1993年12月17日発足、実際のリーグが開幕したのは1996年となっています。

当初のクラブ数はJリーグと同じ10チームだったんですね(^^)/

 

 

少しずつチーム数は増え2021年現在はアメリカ・カナダ27チームで競い合うメジャーリーグに拡大している。

アメリカの4大スポーツといえば、野球、バスケットボール、アメリカンフットボール、アイスホッケーだったが、近年若者を中心にサッカー人気が高まりを見せている。

若い世代には野球以上の人気があるとされ、4大スポーツの仲間入りをするとみられている。

 

 

アメリカって広いじゃない

どうやって試合してるのかしら???

 

対戦形式について説明するね(^^)/

 

アメリカメジャーリーグサッカーは、「東と西」の2つのリーグで構成されています

 

■MLS27チームの構成

・東地区(イースタンカンファレンス)14チーム

・西地区(ウェスタンカンファレンス)13チーム

 

 

香川真司選手の移籍先候補「ポートランド・ティンバーズ」は西地区(ウェスタンカンファレンス)に属しているチームです。

同じ西地区のロサンゼルスギャラクシーには、かつてACミランで活躍するイブラヒモビッチ選手が所属していました。

 

 

MLSの試合方式は…各カンファレンスで「ホーム&アウエーの2試合」+「別カンファレンスと1試合」の合計で争う。

各カンファレンスの上位5位、計10チームが決勝トーナメント進出。

決勝トーナメントはMLSカップ(年間リーグ優勝を決める大会)と呼ばれ、勝ったチームが年間王者になります。

 

 

 

ポートランド・ティンバーズは2015年の西地区で5位となり、決勝トーナメントに進出

その勢いで年間チャンピオンズに輝きました。(リーグ優勝1回)

 

 

 

◆ポートランド・ティンバーズ過去の順位(2011~2020)

2011年 12位
2012年 17位
2013年 3位
2014年 11位
2015年 5位 (決勝トーナメントプレーオフで全米チャンピオン)
2016年 12位
2017年 6位
2018年 8位
2019年 11位
2020年 8位

 

 

全米王者にもなったことがある凄いチームだったんですね!

香川真司選手の移籍先候補クラブ「ポートランド・ティンバーズ」

 

アメリカのサッカー事情を知ってすごく興味が湧いてきましたね(^^)/

香川真司選手はMLSに移籍したら、アメリカのサッカーをぜひ見てみたいですね!

 

 

 

【最新情報】1/27 香川真司の移籍がついに正式に決定!ギリシャの名門「PAOK(パオク)」へ

香川真司選手の移籍がついに決まった。

1月27日、ギリシャのPAOK(パオク)公式ツイッターは、香川真司選手の正式加入をダイナミックに伝えた。

 

和太鼓の音で演出された光の中から、背番号「23」のシンジ・カガワが現れた。

「香川真司がここにいる。真司、PAOKファミリーへようこそ!」と新戦力の加入を歓迎している。

契約期間は1年半で、背番号はおなじみの「23」に決定した。

 

PAOK(パオク)は現在ギリシャ・スーパーリーグで4位。

さらに上位に上がるため、香川真司選手を中盤のユーティリティープレーヤーとして中心に据える予定だ。

 

香川真司の移籍がついに決定した。

以前か移籍先候補に挙がっていたギリシャのPAOK(パオク)が新天地になる。

 

公式に発表はまだだが、香川真司は自身のインスタグラムでスペインでの最後の練習とストーリーで飛行機内に乗り込んだ写真をアップした。▶香川真司公式インスタグラム

 

香川真司選手はすでに現地空港に到着し、PAOK(パオク)関係者と合流。

クラブ専用のタオルとマスクを受け取る姿が見られた。メディカルチェックのあと、正式発表になる模様。

 

PAOK(パオク)のファンはドルトムント、マンチェスターユナイテッドで活躍した日本人を熱烈に歓迎している。

正式発表は近いうち行われるだろう。背番号は香川真司の代名詞「23」番になる見込みだ。

 

パオクは過去にリーグ制覇3回。2021シーズンは4位につけている。

※PAOK(パオク)の順位表は▶こちら(Goal.com)

 

香川真司選手のデビュー戦は、最短で1月28日のオリンピアコス戦2月1日のパナイトリコス戦になりそうだ。

2月3日、国内カップ戦の63分、香川真司選手はギリシャデビューしました。

 

香川真司選手/移籍最新情報:11/2

 

スペイン、レアルサラゴサを退団し移籍先が注目されている香川真司選手。10代のころから親交のある巨人軍坂本勇人選手の2000本安打達成を応援するビデオメッセージでエール(巨人軍公式ツイッター)を送った。ビデオメッセージの中で香川真司選手は自身の移籍に関連する情報に触れ「スペインで頑張っていきたい」と語っている。

 

 

最新の移籍先として本田圭佑所属ブラジルのボタフォゴやギリシャのパオクが報じられていた。しかし動画の中で分かるのは香川真司選手は、あくまでもスペインでプレーしたいということだ。

 

ファンとしてはいち早く移籍が決まってほしいが、選手にとって所属するは重要な判断が必要だ。所属クラブ次第で今後のサッカー人生に影響も出るし、満足いくプレーができるかどうかが決まってくる。

 

香川真司選手は新天地となるクラブを冷静に見極めているのだろう。いずれにしてもシンジカガワの活躍を待っているファンは国内外問わずたくさんいる。「スペインで頑張っていきたい」これが真実である。じっくりと考え本人が納得できるクラブに決まることが最も大切なこと。シンジを信じよう。

 

 

 

香川真司選手/移籍最新情報:12/21

2020年12月21日追記:

香川真司の移籍について最新情報が入った。Jリーグのセレッソ大阪は20日、香川真司の復帰に向けて正式にオファーしたことを記者会見で発表した。セレッソ大阪はクルピ監督が異例の4度目の監督就任が決まり、戦力の補強をすすめているところだ。

 

 

この2年は5位、4位と上位に食い込んだが優勝争いまでは届かなかったセレッソ大阪。森島社長は目標を「つねに3位以内にいること」「若い選手を育成すること」と語り、目標達成のためにクルピ監督がベストな選択だったと明らかにした。

 

古巣セレッソ大阪は香川真司復帰に向けて愛着のある背番号「23」を空けて待っている。恩師クルピ監督復帰と同じタイミングで香川真司が復帰することになれば、セレッソ大阪にとってはビッグニュースだ。そして欧州トップレベルの経験を若手選手へ伝えるチャンスになる。

 

現在フリーの香川真司は縛りはなく自由に交渉ができる状態だ。移籍が実現するかどうかは正直わからない。欧州の移籍市場がオープンするのは1月。いずれにしてもこの冬、香川真司は移籍して新たなクラブで戦うことになる。▶香川真司が最新情報をインスタグラムで投稿!そのコメントとは・・・

 

香川真司選手がクリスマスを過ごした相手はあの選手▶香川真司がインスタで「Wシンジ」を公開!ファンにはうれしすぎるツーショット!

 

香川真司選手/移籍最新情報:1/8

追記:香川真司選手の移籍最新情報/2021/1/8

2021年1月1日香川真司選手は、自身のインスタグラムを更新しビデオメッセージを送った。メッセージの中で「1月にいい報告ができれば」「サッカー選手としてピッチの上で証明したい」と熱い思いをファンに届けた。そして1月7日現在、冬の移籍市場はオープンしたがまだ移籍決定の知らせは届いていない状況だ。

 

一部の報道では、オランダのアヤックスへの移籍を猛プッシュしている。下記はオランダメディアの見解だが、昨夏に移籍したMFドニー・ファンデベーク(マンチェスター・ユナイテッド)のポジションに代わる選手が香川真司選手だと主張している。

 

「アヤックスの選択肢となる選手の一人は香川真司です。契約が切れているため、フリーで獲得することができます」と指摘し「彼がかつてのレベルに近づければ、ライン間でうまくプレーできるのでアヤックスのトップ下にフィットする」と猛プッシュした。

引用元:ヤフーニュース

 

また、ブンデスリーガ1部のシャルケ・アメリカサッカーリーグ(MLS)への移籍の可能性も報じられている。

 

プレミアリーグのニューカッスルの名前も挙がっている。香川真司選手の希望するクラブは欧州であることは間違いない。カタールやアメリカという選択肢はないだろう。

▶香川真司がツイッターで「欧州でのプレーを希望!」移籍まであと○○○⁉

 

いずれにしても1月中に、移籍に関する何かしらのアクションがあることは否定できない。今もサラゴサの地で自主トレに励む香川真司選手。もうすぐピッチ上で躍動する姿が見れると思うと楽しみで仕方ない。

 

香川真司選手/移籍最新情報:1/15

 

1月の移籍市場がオープンしてまもなく半月がたつ。

いまだ正式な移籍に関する情報は入ってきていない。

 

1月15日時点での香川真司選手の移籍に関する最新情報が、一つだけ入ってきた。

スペインのスポーツ紙「エス・デルマルケ」によるとトルコの「アンタルヤスポル」が香川真司に興味を持っていると伝えている。

 

アンタルヤスポルは、トルコ1部リーグ(スュペル・リグ)に所属するクラブで、1966年に創立されたクラブだ。

アンタルヤスポルは2021シーズンの成績は9位に位置している。

 

18節終了時点で6勝6分け6敗の勝ち点24。

ちなみに現在トルコ1部リーグの首位は、香川真司選手が過去に所属したベシタクシュで勝ち点は35。

 

アンタルヤスポルについて・・・

・クラブ名:アンタルヤスポル(Antalyaspor)
・所属:トルコ1部リーグ(スュペルリーグ)に所属
・設立:1966年に創立
・最高位:最高位は2016~2017シーズンの5位
・今シーズン成績:2021シーズンは9位
・アンタルヤスポルの注目選手はポドルスキ選手、ヌリ・シャヒン選手
・2021年1月19日ポーランド代表ダミアン・カジョル選手が新加入を発表
1月18日追記:
★アンタルヤスポルについてくわしく知りたい方は▶「アンタルヤスポル」とはどんなチーム?トルコ1部のクラブを徹底解説!注目の選手は?をご覧ください。

 

1月19日追記:アンタルヤスポルにポーランド代表/ダミアン・カジョル選手が移籍を発表。

 

香川真司選手/移籍最新情報:1/22

またあらたに香川真司選手の最新の移籍情報が入ってきた。

 

最新の移籍情報2クラブは以下のとおり。

・ウディネーゼ(イタリア/セリエA)12位/20クラブ
・ブレーメン(ドイツ/ブンデスリーガ)13位/18クラブ

 

ウディネーゼは2021年シーズン4勝5分け9敗で12位/20クラブで降格圏まで勝ち点4差。

得点力不足に悩んでおり、得点数は20で下から4番目に甘んじている。

 

ブレーメンは現在13位/18クラブで得点数は下から6番目。ウディネーゼと同じく得点力不足が課題になっている。ブレーメンには日本代表大迫勇也選手が所属している。

 

 

2クラブは香川真司のドルトムント、マンチェスターユナイテッドでの豊富な経験と実績を重視。

どのポジションでもこなせるユーティリティープレーヤーだあることも香川真司選手の魅力の一つ。

 

 

クラブを助ける補強候補に香川真司選手の名前が挙がっている。

しかしまだ正式な合意には至っていない。(冬の移籍市場は1月31日まで)

 

香川真司選手/移籍最新情報:1/24

引用元:パオク(PAOK)公式Twitter

 

1月24日最新情報では、香川真司選手がギリシャの名門「パオク・テッサロニキ」へ移籍が濃厚だという。パオクは10月に移籍先候補として名前が挙がっていたものの、それからは何も報じられていなかった。

 

「パオク・テッサロニキ」はギリシャ国内の「オリンピアコス」、「パナシナイコス」とともに名門クラブの1つ。今まで1度も1部リーグから降格したことのないチームとして知られている。

 

また、ギリシャサッカーリーグ(スーパーリーグ)では3回の優勝経験をもっている。国際タイトルはない。

 

パオク・テッサロニキ(PAOK)過去10年の成績
20101部
20111部
20121部
20131部
20141部
20151部
20161部
20171部
20181部リーグ優勝
20191部
20201部4位(1/24時点)

※ギリシャスーパーリーグ順位表は▶こちら(Goal.com)

 

パオク・テッサロニキは過去10年、すべて4位以上をキープしていることがわかる。今シーズンは17試合を終え、勝ち点35の4位首位とは勝ち点10差2位、3位とは勝ち点1差。

 

 

▼「パオク・テッサロニキ」とはこんなクラブ

正式名称:PAOKテッサロニキ(PAOKサロニカ)

本拠地:テッサロニキ(ギリシャ)

創立念:1926年

ホームスタジアム:トンバスタジアム

収容:29000人

ユニフォーム:白と黒のストライプ

リーグ優勝:3回(1975-1976、1984-1985、2018-2019)

特徴:サッカー以外のクラブ(バレー、バスケ、水泳)も運営

・パオク公式インスタグラム▶こちら
・パオク公式Twitter▶こちら
・パオク公式HP▶こちら

監督は、ウルグアイ出身のパブロ・ガルシア氏。選手時代にはACミランやレアルマドリードでもプレーした経験をもつ。PAOKには2008‐2013まで在籍。指導者歴は2016-2020パオクU-19監督。2020、10月~パオク・トップチーム監督を務める。

 

パオクは今季のEL、CLで敗戦し、新体制「パブロ・ガルシア」新監督のもと名門復活を目指している。そのため大事な戦力として香川真司選手に興味をもったパオク。

 

過去ドルトムントで何度もCLの舞台を経験している香川真司。ギリシャリーグ優勝と欧州チャンピオンリーグを目指すパオクにとって、香川真司はベストな選手だ。▶サッカーの【UEFAチャンピオンズリーグ】ってどんな大会なの?

 

香川真司選手は25日に現地入りし、メディカルチェックを受ける模様だ。早ければ、25、26日には正式発表される可能性がでてきた。契約は2022年夏までの1年6ヶ月。

 

ちなみに正式に移籍が決まれば最短で1月28日のオリンピアコス戦2月1日のパナイトリコス戦でデビューになる。

 

冬の移籍市場が閉まる31日まであと1週間を切った。香川真司選手の新天地はパオクになろそうだ。もうすぐ「パオクの香川真司」が誕生するだろう。香川真司選手のプレーを待ち望むファンは、一日も早くうれしい報告を待っている。

 

2月3日、香川真司選手がついにPAOKの試合でギリシャデビューしました。

👇最新のハイライト動画は下の記事からどうぞ!

 

 

 

香川真司選手の関連記事です

コメント

タイトルとURLをコピーしました